Blogブログ

この地で育った熊野材・紀州材の檜で作った子ども椅子

ご訪問ありがとうございます。

 

こんにちは。

杢美(MOKUHARU)スタッフの倉谷です。

 

 

 

今日は杢美の商品のひとつ、〝子ども椅子〟をご紹介します。

実はこれまでブログではチラッとしか登場していなかったこの椅子。

今日は改めて、少しじっくりとお伝えできればと思います。

 

 

 

 

こちら熊野材・紀州材の檜で作っています。

 

 

 

印象的な丸みをおびた優しいフォルム。

そして何より杢目の美しさと温かみのある手触りが特徴です。

もちろん檜の香りも心地良く感じていただけます。

 

 

 

 

これをひとつひとつ、職人が手作りで仕上げています。

 

 

 

 

こちらの子ども椅子。

一人でしっかり座れるようになったお子様から年長さんくらいまでお使いいただけます。

 

 

 

背もたれは右側のシンプルなタイプと左側の少しデザインが入ったタイプの2パターン。

我が家では両方使っています。

 

 

 

 

ちなみに息子がリビングで毎日愛用しているのは、右側のタイプ。

先日ブログでご紹介したコレです

使い出してもう2年近くになると思いますが、かなり日に焼けて色味が濃くなり、使い込んで味が出てきました。

 

 

 

 

 

この地で育った熊野・紀州材の檜で作った子ども椅子。 

 

そんな椅子に座って絵本を読んだり、お絵描きをしたり、ごはんを食べたり。

子どもたちにはたくさん遊んで大きくなってもらいたい。 

そして、幼い頃から無垢の木の香りや温もりを身近に感じてもらいたい。 

 

そんな想いでひとつひとつ、心を込めて作っています。  

 

 

 

 

 

最後になりますが、実は現在市内の保育園様より子ども椅子を130脚ご注文いただき、制作中です。

保育園でご使用いただくにあたり、今回は新たに年齢別で細かくサイズを変更、さらにスタッキング収納できるように改良しました。

デザインもまた新しいものになっています。

 

こちらも近いうちに完成したら、ぜひ皆様にご紹介させていただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

この記事をシェアする